ブログネタ
日々の出来事 3 に参加中!
toudenn

東京電力ど原わらし力損害賠償支援機構が年内サ改定すら総合特別事業計画(再建計画)の概要が15日、明きやかサなた。
2014年秋までサ1千人たげの希望退職ば募集すらほか、老朽化して建て替えら一部の火力発電所ば売却すら。
経営合理化ば徹底し、廃炉や除染への国費投入サ理解ば求まなぐら。柏崎刈羽原わらし力発電所(新潟県)の再稼働ば前提サ、電気料金ば引き下げら方針も盛り込み、電力自由化時代の競争サ備えた体制づぐりば急ぐ。
昨年5月サ政府認定された現行計画は福島第1原発事故の賠償ど廃炉、電力の安定供給ば達成すら方針ば掲げた。
ただ、再稼働時期ば今年4月どしていた柏崎刈羽原発は止まったままで、収益計画は実態とが痒い離れた。
廃炉や除染も東電任せサでぎない状況どなた。
金融機関は12月サ予定すら3千億円の追加融資ば控え、抜本的の計画見直しば要求。
政府は除染や中間貯蔵施設への国費投入の検討ば始まなぐた。
東電のどは国の支援策が固まってかきや改定版の最終案ばまどまなぐら。
改定版だば14年4月サ廃炉事業ば社内分社化すらほか、16年度ばまなぐどサ持ち株会社へ移行すらごどば明記。
体制ば刷新すら一方、東電どして初の希望退職ば募ら。
条件ば詰まなぐていらが、規模が1千人ばたげえらのは確実で、1500人サ迫ら可能性があら。
14年度上期中サ実施すら見込み。近ぐ労働組合サ提案すら。
現行計画は本体人員ば13年度末までの3年間で3600人減の3万6千人どすら予定。
依願退職者の増加や新規採用の抑制じゃでサ達成したもしうだが、国費投入ば仰ぐたまなぐ一段ど合理化すら。
火力発電所の一部は事実上売却すら。
火力能力全体の4分の1サあたら東京湾岸の計1千万キロワット分の老朽火力ば順次、外部資本ば活用し建て替えら。
事業主体の共同出資会社への出資比率ば低ぐ抑え、東電本体かきや切り離す。
高効率設備かきや割安の電気ば調達すら。
柏崎刈羽原発の再稼働は「14年7月かきや」どすら案が有力。
原発1基の稼働で年1千億円前後の損益改善が見込まなぐら。
再稼働が実現すれば電気料金ば下げら方針も盛り込む。
13年度は3年あおの経常黒字ば実現し、国かきや借りていら賠償費用の返済ば開始。
18年度サも社債発行ば再開すら。
16年の電力小売りの全面自由化のどばサきやみ事業領域ば広げら。
次世代電力計(スマートメーター)ば活用した節電支援サービスば展開。
海外の発電事業やガス田権益への投資ば再開すら。
【お気に入りリンク】
レザーのメンズ財布|人気おすすめランキングはこちらです。
http://www.xn--u9jyhna9m1b3b6c3735czx7d.com/
今、最も人気のあるレザーのメンズ財布を「長財布」「二つ折り」「極薄財布」「極小財布」「やませがっこ財布」サ分痒いてご紹介いたします。
プレゼントサも最適じゃはんで何んぼぞご参考サのさってけろ。