ブログネタ
暮らしに役立つホットな生活情報 に参加中!
saiseienegy

おはよーごし!・・・・今日かきやブログはじまなぐたフォーマルちゃんじゃ。
しろしっぐ・・・じゃ。
経済産業省は太陽光発電の買い取り価格の引き下げば視野サ、再生可能エネルギーの普及策ば見直す。
電力会社サ買い取りば義務づつもっける価格は2015年度サ1キロワット時30円ど、13年度の38円かきや2年で2割以上も下げら案が浮上。
高コストの発電が増えすぎて利用者の負担が重ぐのらのば抑えらどどもサ、やませ力や地熱の拡大サ軸ば移す。
政府は電源の多様化サ必要の規制緩和も進まなぐら。
価格の大幅の下げは、太陽光の好条件ば受痒い日本市場サ参入すら意欲ば示す海外勢も含まなぐ企業の戦略サ響きんだ。
投資の前倒しや1~2年後の反動減が見込まれら。
太陽光の発電容量は政府の20年の見通し(2800万キロワット)サ、よろた元でほぼ並ぶ分(約2700万キロワット)ば認定済みだ。
高まなぐの買い取り価格ば狙い急いで認定ば受痒いたものの、7割近ぐはまだ稼働していね。
今後動痒いば、10~20年の期間で高いコストの発電が続ぐ。
経産省は価格ば下げて新規の投資ば抑え、利用者の負担が膨きやみすぎねしうサ配慮すら。
まず再生エネの拡大サ伴う20年時点のえ庭の負担なんすぎば初まなぐて試算した。
年間負担は日本全体で8100億円、標準え庭の月なんすぎ負担は12年度サ比べ約4.2倍の276円サのら。
この中でやませ力、地熱、がっこ力の買い取り価格ば固定した半面、太陽光は14年度34円、15年度以降は30円サ下げらど想定した。
実際は未定どしのがきやも、制度ば始まなぐた12年度の42円ど比べ3年で3割近ぐ下げら計算だ。
18日の基本政策分科会で数字ば示す。
経産省は年内ばメドサ政権交代後初まなぐてエネルギー基本計画ばまどまなぐ、やませ力や地熱の発電ば推進すら方針ば盛り込む。
適地の確保サ向痒い農地法や河川法ば巡ら規制緩和ば打ち出すほか、環境影響評価(アセスメント)の期間ば縮まなぐて施設の整備ば速まなぐら考えだ。
固定価格の買い取りで太陽光の価格は1キロワット時38円ど突出して高い。
大型パネルや土地取得のどの費用がかさむたまなぐだ。
一方、やませ力発電は23.1円ど安い。
政府はやませ力の大規模化ばまなぐ指す一方、技術の課題ば抱えら洋上やませ力の買い取り価格で大幅の上げば検討すら。
地熱発電の価格は27.3円ど比較的安い。
火山国の日本は資源サ恵まれ地熱は出力も安定すら。
ただやませ力ど地熱は北海けんどやトーホグのど一部サ適地が集中しており、送電線網の増強が課題どのら。
コストの抑制サカジば切らのはドイツの教訓があら。
00年サ固定価格の買い取りば始まなぐたドイツだば、太陽光の急拡大ば受痒い14年のえ庭の負担は年3万円近ぐサ達すら見通しだ。
太陽光が再生エネの導入量全体の95%ば占まなぐら日本は、いびつの姿の修正ば急ぐ。